iPad5スペック

iPad5の機能・スペック予想

海外ITニュースサイトDigiTimesが1月31日に発表した、業界筋からの情報によってiPad5の機能がかなりわかってきました。

 

G/F2(DITO)タッチスクリーン

 

まずタッチスクリーンは現行のiPadに使われている「G/G」タッチスクリーンから、miniにも採用されている「G/F2(DITO)」タッチスクリーンに変更される予定です。
これによって、より薄型・軽量の本体になり、持ち運び・使い勝手の向上が期待できます。

 

また「one-glass solution(OGS)」という技術により、保護用のカバーガラス自体にタッチセンサーを搭載することができるようになるため、部品を安定的に生産することができるようになるとのこと。

 

日本企業の部品が数多く搭載

 

miniでも使われている「日東電工」の薄型フィルム素材が使われたり、
またタッチスクリーン関係では「日本写真印刷」が部品供給を行う予定。
パネルは、LGエレクトロニクスと並んでシャープが提供。

 

などなど、日本企業の部品が数多く搭載される予定です。
日本の景気への好影響も期待できるかもしれません。